Calender

05 | 2017 / 06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


プロフィール

トミ屋

Author:トミ屋
自称マルチイラストレーター。(笑)
教育関係の非常勤職をしながら活動してマス。
最近は音楽活動をしている友人達と一緒に活動することが結構あります。ライブハウスで作品の展示、グッズの販売をしています。
2006年12月にはトミ屋企画<星屑の唄 2nd.>をライブハウスSTATTOで行いました。
作品等興味がございましたら↓の<道草処 トミ屋>を見てやって下さい。ヨロシクです!


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


庄内柿
日記のコメントに柿の話がちょっと出たし、折角なので話題に。

先日上の姉から柿が沢山届いて、とても一人で食べきれる量ではなかったので、色々な人にお裾分けしました。

柿はボクの田舎、庄内の名産の一つなんです。
<庄内柿>と言われています。
色々と特徴のある品種で、もとの名前が<平核無柿(ひらたねなしがき)>(返信コメントで誤字がありました。ゴメンなさい。)といって、文字通り四角く平たくて種が無いのです。
ただ、渋柿なのでそのままでは食べられなくて、焼酎で渋抜きしたり、確か大量な時はガス抜きで...なんという方法もあるようです。あとは干し柿にしたりというのもあります。
(小学校では毎年干し柿作りしたなぁ...。)
それから木の背丈が低く、枝が横に広がります。
風の強い庄内ならではといったところでしょうか。収穫もしやすいのでしょう。
明治時代末より、庄内藩藩主の酒井家の子孫が育成を広く推賞していったので、身近にある柿の木は<庄内柿>ばかりでした。
だから初めて違う品種の柿を見た時は、ちょっとびっくりした覚えがあります。

なーんていうウンチクはさておき、
実は小さい頃、何故か柿はあまり好きではありませんでした。
特に熟れて柔らかくなったのはダメでしたね。今でもどちらかというとカタ目の方が好みです。
洋梨なんかだと熟れている方が好きなのにねぇ...?(苦笑)

061127

スポンサーサイト

徒然日記 | 2006/11/27 23:20 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。